出張マッサージで得する人と損する人【これを読めば満足度10倍アップ】

出張マッサージで得する人と損する人【これを読めば満足度10倍アップ】

出張マッサージで得する人、損する人

今回は、出張マッサージで得する人と損する人という事で書いていきたいと思います。

さて、頻繁に出張マッサージを利用しているあなたは満足していますか?
何か損しているような気はしませんか?

下記のような目にあった事がある方は是非これを読んでもらいたいと思います。

・あまり技術が上手い人に当たらない。
・あまり好みの綺麗な女性が来てくれない。
・予約時刻よりいつも遅れて到着してくる。

これらはよくある事例ですが、せっかく出張マッサージを楽しみにしているのに、こんな事ばかりが続くともう利用するのをやめてしまおうかと思ってしまいますね。
自分はいつも損していると感じている方も多いと思いますが。。。

出張マッサージで損をしている人

反対に、いつも出張マッサージで得をしている方もいます。

その差は何か?

「運?」

確かにそれもあるでしょう。

でも、それではここで記事が終わってしまいますので、損をしない得をする丸秘テクニックを伝授していきたいと思います。

出張マッサージの満足度を10倍アップさせるためのテクニックとは。

★受付と仲良くなる★

受付と仲良くなると得します。

実はこれは凄く有効な得をするテクニックなのです。

受付も感情を持った「人間」です。

やはり仲良くなったお客様には、それなりに良いセラピストを回してくれたり、優先して配車して先に到着させたりしてしまう事もあります。

全てのお客様を平等に、これは商売として当たり前ではあります。

当店の受付スタッフもこれは徹底をしています。

ただ、やはり人間なので感情的に動いてしまう事もあるのも確かなのです。

具体的な例で見ていきましょう。
先程出てきました下記のような場合。

・あまり技術が上手い人に当たらない。
・あまり好みの綺麗な女性が来てくれない。

このような損をしないためには、予約の際に細かくセラピストの好みを伝えるようにしましょう。

「強い揉みが出来て、ストレッチで腰をゆるめるのが得意な人が良い」とか。
「経験が5年以上あって、指名がとても多い人が良い」とか。
「肩こりを取るのが得意な人で、絶対の自信を持っている人がいい」とか。

出来る限り自分の疲れている部位を伝えて、それを得意としているセラピストを派遣してくれるように受付に伝えましょう。

セラピストの容姿の希望に関しても同じです。

予約の際に好みの容姿をしっかりと伝えましょう。

「若くてスレンダーがいい」
「落ち着いた年齢でおっとりした人がいい」
「ともかくルックスがいい人がいい」

これらをしっかり受付に伝える事が大事です。

伝える際には、あまり強い口調はやめておきましょう。
物腰柔らかく、フレンドリーな感じで話すとより受付とよい関係が築けます。

<<予約時刻よりいつも遅れて到着してくる>>

出張エリアが遠方の場合や、少し行きづらい場所などの場合は後回しにされてしまう事もしばしば。
このような場合も、受付と仲良くなっておくときちんとした正確な到着時刻を教えてくれるのと、少し優先して配車をしてくれるので早く到着したりもします。

【受付と仲良くなって出張マッサージで得をしましょう!】

★施術後に受付に感想の電話やメールしてみましょう★

感想の電話やメールをしましょう。

これも受付と仲良くなるとても良い方法です。
良かった点や悪かった点など具体的に伝えると良いでしょう。
受付としても、施術中のセラピストの事はよく分からない事が多く、
実際の施術の感想を伝えてあげると受付は喜びます。

受付と仲良くなると新人が入店した際に、好みが合いそうなセラピストの場合は情報提供してくれたりもしますので、とても得をします。

さらに損をしない、得する上級テクニックとして。

★セラピストと仲良くなって情報収集★

セラピストと仲良くなると、色々と他セラピストの情報も教えてくれます。

さり気なく色々聞いてみましょう。

「どのスタッフが技術が上手いの?」
「一番人気があるセラピストって誰なの?」

やはり同じお店のセラピストからの情報は信憑性が高いので、その情報を元に次回そのセラピストを指名してみるのも良いでしょう。

このようなちょっとしたテクニックで、出張マッサージで得する事が出来ます。
ぜひ実践してみる事をオススメします。

出張マッサージで満足する。

★損をしないためのアドバイス

【迷った時はとりあえず予約をおさえておきましょう】

よくあるパターンなのですが。

お客様:何時に来れますか?

受付:1時間後になります。

お客様:結構待ちますね、どうしようかな。。。少し検討します。

お客様:他店に電話しても、さらに長い待ち時間。

お客様(再度電話)1時間後でもいいのでお願いします。

受付:他の予約が入りましたので待ち時間が2時間になります。

お客様:では、それでお願いします….。

このパターンは本当に多いです。かなり高い確率で頻繁に起こる事例です。

では、どうしたら良かったのか。

ひとまず、1時間待ちの状態で予約を入れておいてから、他店に電話して早い店があればそちらの予約を入れて、先の予約店はキャンセルする。これがベストの方法です。

キャンセルされたお店としては最悪ですが、損をしないためにはひとつの方法としては有効です。

以上、出張マッサージで得する人と損する人を書いてみましたが。

すぐに実践できる簡単な方法ですので、試してみてくださいね!満足度10倍アップです!